So-net無料ブログ作成
検索選択

汽水水槽、河口汽水域再現への道 [アクアリウム]

1年以上の長きに渡り御無沙汰して本当にすみませんでした。
仕事が忙しくなってしまい、ブログを書く気力もなく過ごしておりました。
レスも返さず、ご心配をおかけした皆さまにお詫び申し上げます。
<(_ _)>


さて、ブログをまたのんびりと更新していこうと考えています。

汽水水槽ですが、昨年のブログでちらっとご紹介しましたが、
本格的に稼働しています。( ̄ー+ ̄)

こちらトビハゼのいるメイン水槽。90×45×45 黒い部分は河口部干潟の砂泥です。
DSC_0016.JPG
左側が泥が高くなるようにしてあります。
アクリル板をナナメに立てかけて接着、高さを変えてあります。
通水性を考えて、泥の仕切となっているアクリル板の下方部には大きな穴が開いており、
ゴカイなどが行き来できます。

で、この干潟水槽にタイマーで6時間ごとに干潮と満潮になるように設定しています。
DSC_0017.JPG
オーバーフロー型濾過水槽を横置きにして、
カミハタのRioを使ってポンプで水位の高低差を付けています。
濾過水槽は自作、弐号機になります。(*゜▽゜)ノ
熱帯魚店で売っていたオーバーフロー水槽の濾過層を真似て作りました。

そして、右側に見える水槽は、60×45×45の水槽、つい最近導入したばかりです。
DSC_0018.JPG
既に10cm近くに大きくなったチチブや、テナガエビ、ハゼ稚魚、牡蠣の山、
そして何故かミドリフグが、、、
カミハタのSEIOで水流を作っており、空気の微細な粒が流れています。


あ、そういえば、トビハゼくんは元気に暮らしていますよ(*゜▽゜)ノ
DSC_0005.JPG

またご報告しますね。(*^m^*) ムフッ
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。