So-net無料ブログ作成
検索選択
ビオトープガーデン ブログトップ
前の10件 | -

オオヤマレンゲ [ビオトープガーデン]

前回のブログにてちらりとお見せした、オオヤマレンゲです。

DSC_0044.JPG

足かけ4年? 苗木を植えてからようやく花をひとつだけ付けてくれました。

そして、明くる朝、、、

DSC_0054.JPG

 

DSC_0050.JPG

花が開いて参りました(*゜▽゜)ノ

 

時間を追うごとに、ガク、花弁が開いていき、中のおしべめしべが見えてきます。

DSC_0059.JPG 

このあと、夜にまた閉じ、次の日に大きく拡がりました。
が、綺麗なのはここまでなので、これにて失礼致します。

茶道では、つぼみの状態でよく用いられます。
専門の花屋さんに行くと、とても高い値で売られているそうです。

 

オオヤマレンゲには、二種類あって、深山蓮華と呼ばれる和のもの、
オオバオオヤマレンゲと呼ばれる朝鮮渡来のものがあるそうです。
拙宅のものは後者でしょうか。。。

 


初夏の花木たち [ビオトープガーデン]

こちらでも御無沙汰しております。<(_ _)>

拙宅のプラ池、初夏らしく元気にガマ、カキツバタが伸びています。 

DSC_0046.JPG

紫の花は鉄線(テッセン)です。洋花のクレマチスのほうが名前が知られていますね。 

 

私の大好きな花梨(カリン)の木、幹の太くなる今の季節は皮がむけて綺麗です。

DSC_0050.JPG  DSC_0049.JPG

70リットル特大プランターもそろそろ限界です。。。 

 

外階段からの二階の風景と、一階の庭を見下ろした風景です。

DSC_0053.JPG  DSC_0056.JPG

写っているものは50音順に、
山茶花、椿、夏椿、萩、柊南天、藤袴、木槿、木蓮、紅葉、藪蘭、蝋梅
といったところでしょうか。パズルで当てはめてみて下さい。

 

こちらの木は、お隣さんと相談してこの位置に地植えしました。

DSC_0055.JPG

この~木何の木木になる木~♪
おわかりになった方はひっそりとコメント頂ければ幸いです。 

 

仲良しのお隣さん、見事なバラを咲かせています。

DSC_0057.JPG 

 

妻の大好きなこの花、苗木を植えて4年、ようやくつぼみがひとつ、膨らんできました。

DSC_0036.JPG

この花の名前は、、、次回のブログにて( ̄  ̄)………( ̄∇ ̄)ニヤッ
あ、分かっちゃったらコメント下さいね。

 


山茶花一番花! [ビオトープガーデン]

ブログ怠けてて済みません。(-"-;A ...皆さんのところにもまたお邪魔します。

今朝、(バ゜⊿゜)ノびっくり! サザンカが咲いているじゃぁありませんか。

しかも隣ではまだ木槿が元気に。というわけで慌ててパチリ。

  (´ヘ`;) う~ん・・・ 季節がよくわからんです。。。
今年は肥料もロクにやってないので、、、

手紙にも、秋冷の候とは書けず。。。


オンブバッタと秋の花 [ビオトープガーデン]

オンブバッタですよ。(ノ_-;)ハア…

大量発生で、色も茶色いのが多いとです。

ところで、何でこの時期にカキツバタが咲いて、しかもオンブバッタ。。。
昨日からずっといます。

カマキリ<バッタの構図はしばらく変わりそうにありません。。。

 

ところで、秋の花を少しご紹介。

萩。

 

藤袴。

これらは秋の七草です。他の5つもありますが、今年は咲いてくれません(/_;。)

 

ついでに、先日ご紹介した、染め物に使う
藍。

こんなに可愛い花を付けてくれます。

葉っぱは、バッタの餌の供給源ですが。。。(-"-;A ...


カマキリ来訪(*゜▽゜)ノ [ビオトープガーデン]

バッタや他の虫達に葉っぱを食い荒らされ放題だった我が庭に、


カマキリがやってきました!v(≧∇≦)v いえぇぇぇぇいっ♪

ハラビロカマキリでしょうか。おなかを反らせて葉っぱのつもり?

ヤモリや鳥などの高次捕食者もいますが、まずは昆虫ハンターに期待!

よろしくお願いいたします。(-∧-)


コオロギ大発生? [ビオトープガーデン]

朝夕涼しくなって参りました。

拙宅ではカネタタキが静かに涼を運んでくれます。(´▽`)
http://www.nat-museum.sanda.hyogo.jp/wave/docs/kanetataki.html


一方、私が原付で通勤している都心では、草木のあるところ至る所でコオロギの鳴き声を聞きます。
しかも大合唱をしているのは一種類の様子。

場所によっては車よりもうるさいです。
年々増えていっているような、、、気のせいでしょうか。


鳴き声が気になるのは、ペットショップで売られている爬虫類の餌用コオロギ。
ヨーロッパイエコオロギフタホシコオロギと書いてあります。
無理矢理集めて袋詰めされているせいか、けたたましく鳴いています。

→コオロギの鳴き声 http://mushinone.cool.ne.jp/itiran.htm  (RealPlayerが必要です)


勿体ないから繁殖させよう、と庭に放し飼いにする方がいると、何が起こるでしょう。
などと考えてしまいます。

フタホシコオロギの声が一番近いような気もします。。。


大切な葉、泣きっ面に蜂 [ビオトープガーデン]

あちぃ~、はぁちぃ~(;´Д`A

残暑お見舞い申し上げます。

夏の花、今年はムクゲが元気がなくて、もう咲きそうにない様子。(´Д⊂グスン

でも咲きました! サルスベリ!

昨年は青っぽい花だったのですが、今年は真っ白に咲きました。
何でだろう~♪

 

そして、プラ池。
ガマ、カキツバタ等々の抽水植物、浮き草、睡蓮、さらには水中のマツモやアナカリスのお陰で、
気温35度の炎天下でも30度以下キープです(^^)V

が、しかし、

バッタが~! 。・°°・(;>_<;)・°°・。

至る所で葉っぱを食い荒らしています。オンブバッタでしょうか。。。(/_;。)
近所のおばさま方、失礼、お姉様方が「殺虫剤巻く」と言い出さなければよいのですが。。。

そして、プラ池の水を飲みに来るのは、、、

フタモンアシナガバチと、オオスズメバチ!
  
アシナガバチの手前は、バコパの花です。

両雄そろい踏み!仲良く水を飲んでいます。

これから涼しくなる秋にかけて、だんだん凶暴になっていきます。
夏前は平気で巣を退治するさぼてんですが、そろそろ動かないでやり過ごします。
秋になったら、、、近づくのもやめます。

彼らのお陰で、うちの近くではカラスの鳴き声すら聞こえません!
「カラスの方がマシだよ」と妻。


ムクゲ、そしてアザミ [ビオトープガーデン]

今年も咲きはじめました、私の大好きな木槿の花。

   
大好きな白花木槿、そして一番右は宗旦木槿、こちらは一階にあります。

2年前に植えて、3mは越えてしまいました。

蝶や蜂をはじめ、いろんな昆虫が蜜を、、、
じつは、一番多いのはありさんだったりして。(*..)(..*)コソコソ

 

そして、もうじき咲きそうな、あざみの花。

昨年は赤だったのに、色が青っぽいです。土壌がアルカリだから???
葉っぱが虫食いだらけなのは、ご愛敬という事で(^^;)

実はここ、路地裏に面した小さな花壇なのですが、種巻きっぱなし放置モードです。
(外来種などは引っこ抜きますが。。。)

アザミの周りで、全体を占拠しているのが、藍の葉っぱ。染め物に使うあの、藍です。

ほか、リュウノヒゲ、イヌタデ、エノコログサなどが生えています。
ショウリョウバッタがいます。もう少しするとコオロギらしき虫の鳴き声が。。。

立派な木や綺麗な花、実だけでなく、こうした雑草も多種多様に。
生き物を呼びたいさぼてんの試みです。


わたしと自然 [ビオトープガーデン]

むかしむかし、私が小さかった頃、近くには草ボウボウの空き地がいくつもありました。

近所に住んでる年上の「虫取りにいちゃん」昆虫を捕まえるのが天才的。
ケンカは弱そうなのだけど、彼こそ空き地のボスでした。
私も負けじと頑張るが、捕まえる方はどうも下手。
代わりに学研の図鑑を一生懸命丸暗記。見たこともない昆虫の名前まで覚えていました。

小学校も後半に、バブルの波が押し寄せます。マンション建築ラッシュです。
公園たちまち殺風景。ボールを追いかけ回すほか、子供の遊び場消えてゆき、ファミコン奴隷となりました。

自然のふれあい断絶し、書物を通じて知識だけ、観念的な世界観。
そうして大人になりました。

分不相応な欲をかき、気づいてみれば蟻地獄。
死ぬ気で頑張りその結果、身体蝕まれ虫の息。

一休みして気がつくと、季節の移ろう美しさ。
ああほしい、この手に触れたい大自然。

欲で花木を集めると、ある日来たのはシジュウカラ。
ほーたる来いとせっせのせ、やってきたのはヘンな虫。
コオロギ、ヤモリにスズメバチ、トンボはいつになるのやら

生き物のつながりを眺め、初めて気づいた生態系。
地球環境知ってても、感じなかった生態系。

視点を変えてみてみると、かくも愛しい嫌われ者。
ミミズ大好き大好きミミズ。

池で越冬できるかな、助けたオイカワその姿、かくも綺麗に現れり。
童心に返り潮干狩り、生き物に触れる喜びを、身体で感じて汗流す。

私はこれからどうするの。
宮沢賢治になりたいな。

 


勉強になる環境省のページ [ビオトープガーデン]

プラ池ビオトープをはじめたとき、家にあったガマの他、最初に入れたのが

ウォーターレタス
・ウォーターマッシュルーム
・ホテイアオイ
・クレソン

手近で売っていた&頂いたモノばかりです。どれもよく育ってくれました。
クレソンはちなみに八百屋で。しっかり洗って農薬落として投入。

色々と勉強していくうちに見つけたのは、環境省の外来生物法のページ。
http://www.env.go.jp/nature/intro/

ここでは、哺乳類、鳥類、爬虫類、両生類、魚類、クモ・サソリ類、甲殻類、昆虫類、軟体動物等、植物 の分類に対し、それぞれ

特定外来生物 (規制の対象)
要注意外来生物 (規制対象ではないが、生態系への悪影響等があるもの)

をあげて、各生物の与える影響についてかなり細かく記述しています。

お馴染みのブラックバス、ブルーギル、カダヤシは特定外来生物。

そして、私が最初に入れたウォーターマッシュルーム(ブラジルチドメグサ)やウォーターレタス(ボタンウキクサ)も特定外来生物。Σ(゜口゜;

ホテイアオイやクレソン(オランダガラシ)は要注意外来生物。
ホテイアオイの詳細説明に出てきた「アレロパシー作用」など全く知りませんでした。

恥ずかしい思いと共に、生態系の複雑さ、バランスに思いを馳せ、地域生態系というテーマにとても惹かれていくのでした。

環境省のページは、他にも読んで飽きないものが多いです。
一番インターネットを生かしている省庁なのかな?


前の10件 | - ビオトープガーデン ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。